西胆振地域の情報紙 ボルカノブログ
Top ;Log-in
地店地消
新しい洞爺の魅力を発信
無農薬ハーブで蒸留体験 地元素材でダッチオーブン料理


地元でもあまり知られていない味や店、地産地消にこだわる店など、
地元の方こそ必見の一軒をご紹介

洞爺湖町「ハーバルランチ」「レイクトーヤランチ」


地方からこの地に移り住み、洞爺湖の新たな魅力を発信する若い夫婦がいる。高橋洋一さん(42)、敬子さん(36)も洞爺湖の魅力に魅せられ、7年前に札幌から移住した。奥さんが切り盛りする店「ハーバルランチ」は洞爺湖を一望する丘の上にあり、店舗はモンゴルの住居・ゲルを利用したユニークな造り。建物の外には綺麗に区画された無農薬のハーブ畑があり、およそ20種類の中から自分の好きなハーブを摘み取り、蒸留体験ができる。
e0209801_14503170.jpg
出来上がったハーブウォーターは化粧水やルームスプレーとして楽しむことができ、約1カ月間の使用が可能。20代から30代の女性に人気があり、札幌など都市部から観光を兼ねて来店する客が多く、もっと地元の方に利用してもらいたいと、通常1回2千500円の料金を、会員登録(登録料/初回のみ別途2000円)すると、1回500円で次回以降も利用できるプランを設けた。
ハーバルランチでは、地元素材を使ったダッチオーブンの料理体験も実施している。「以前、自宅でダッチオーブンを使った料理を作ったら、コレは旨いぞ! おいしくないわけがない」と大好評で、即体験メニュー入り。
野菜は近隣農家で体験者自らがもぎ取り、一緒に加えるのは伊達地鶏。特別な味付けはなく、素材そのままの力強い味わいが口いっぱいに広がる。現在は会社のイベントなど団体の利用が多く、今後は個人の利用も広げていきたいそう。
e0209801_1451281.jpg

ハーバルランチから車で約5分の場所にあるのが、ご主人が担当の乗馬体験施設「レイクトーヤランチ」。洞爺湖を一望できる高台をコースに含んだ、約40分のレイクトレッキングが人気。雪原を歩む冬場のホーストレッキングも格別だが、レイクトーヤランチでも地元に貢献したいとの気持ちから、冬期間限定で格安の会員料金を設定している。
敬子さんは「ハーブやトレッキングのほかにも、洞爺にはいろんな体験ができる施設がある。地元の人が利用しやすい、例えば地元パスポートのようなシステムがあればと思いますね。どこかに出かけなくても充分楽しい。自然も人もあったかいところです」。商売よりもまずこの楽しさ、おいしさを伝えたい—、そんな気持ちが伝わってくる。
e0209801_1451297.jpg

「ハーバルランチ」
虻田郡洞爺湖町月浦44
電話090・1529・0438
営業時間10:30〜15:00(6月〜10月、気候により変動)火曜定休日
●ハーブ蒸留体験(約60分、フレッシュハーブティー付)
 …2500円(会員登録有り)
●ダッチオーブン体験(約60分、要予約、1鍋3名以上)
 …大人2500円、小学生1250円、小学生未満無料
※野菜の収穫体験は時期によりできない場合もあります。
ホームページ http://www.tsukiuran.net/herbal/

「レイクトーヤランチ」
虻田郡洞爺湖町月浦44
電話0142・73・2455
営業時間9:30〜16:30、火曜定休日、祝祭日時営業
ホームページ http://www.dioce.co.jp/toya/
by volcanomg | 2010-10-08 14:32 | 2010 秋冬号
<< 胆振ばぁじぃ 目からウロコの噴火湾 >>